無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

説教
坂下先輩
今日、部活終わった後話あるから残ってくれない?
あいかからのメールがきたあと、坂下先輩から一通のメールがきた。


先輩からの連絡メール…?

嫌な予感…

あなた

わかりました。

不安の気持ちでいっぱいだった。
あなた

どうしよう、あいか。
坂下先輩に怒られる😱

あいか
えっ、どうしたの、あなた⁈
あなた

だって、今日部活後残ってっていわれたもん…

あいか
やばっ😱
あいか
ドンマイ、がんばれ😓
あなた

えー。酷い…

あなた

うん。頑張る…

廊下で坂下先輩と目があった。

いつものように挨拶をして、返されて。

いつもと変わらないような気がするけど。
部活がはじまった。
「今日は、パート個人で。」
部長さんの連絡が終わり、用意をし始めたその時。


「今日、放課後ね」
坂下先輩に言われた。

「は、はい…」


怖いな。

心の中ではそう思っていた。