無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

謝罪
先輩)「ごめんね、遅くなっちゃった…」











あなた)「坂下先輩ごめんなさいっ!!!」

私が先輩を待っている時間に考えついたこと。

それは、謝ること。




先輩)「えっっ?」

あなた)「部活中先輩のことばかり考えてました!私、先輩のことが大好きで、全く部活に集中できていなかったかもしれません…。すみませんでした…!」


先輩)「俺もっ!!!笑笑」

あなた)「坂下先輩は何もしてないですっ!」

先輩)「いや、違くて、俺もあなたちゃんの事好きだよって。さっき、俺の事好きって言って…」

あなた)「えっ⁈ ///」

先輩)「俺と付き合ってください。」て言って…」

あなた)「えっ⁈ ///」

先輩)「俺と付き合ってください。」
あなた)「えっ⁈ ///」

先輩)「今日はその事を言おうと思ったんだけど、あなたちゃんに先越されたわw返事は?笑笑」

あなた)「えっと……よろしくお願いします///」

先輩)「ありがとう。よろしくね。」

あなた)「はいっ!!!こちらこそです!!!」