無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

ねこ😸 Part1
LINE
大毅
大毅
『なぁなぁ俺いいもん見つけたー!』
 流星
流星
『なんやねん。』
望
『なになに?』
大毅
大毅
『風呂のあなた可愛かったやん。』
淳太
淳太
『おぉ…///』
崇裕
崇裕
『それでなんや?』
大毅
大毅
『1日だけ猫になる薬見つけてん!』
智洋
智洋
『なんやそれ!』
大毅
大毅
『これあなたに飲ませたら
いっぱい虐めちゃおっかなー』
望
『ええやん!』
智洋
智洋
『エエやんけ~シゲ~♪』
淳太
淳太
『ノリノリやんwww』
智洋
智洋
『だってあのあなた声
また聞けるんやで!』
照史
照史
『想像出来へん♡』
旅行から帰ってきてからになりまーす!
次の日
あなた

神ちゃん…おはよ…

智洋
智洋
おはよぉ!
あなた

ねむい…

あなた

お茶ちょうだい…

智洋
智洋
ん!
あなた

どうも…どうも…。

(神山side)

へっへっへー!
あの薬シゲに頼まれて
入れてん!絶対気づかへん(*´罒`*)イヒヒ
あなた

ごく…ごく…プハァ…

あなた

着替えてくる…

智洋
智洋
ん…
望
飲んだ…?
智洋
智洋
飲んだ!飲んだ!
大毅
大毅
絶対可愛いって!
淳太
淳太
猫姿みたい…♡
あなた

ねぇ…なんか…耳生えてきたんニャけど…

望
可愛い…///ギュッ
あなた

ニャ…このニャっていうやつニャんやねん!

 流星
流星
ヤバイ…
淳太
淳太
可愛すぎるやろ…///
大毅
大毅
猫になる薬あなたに飲ませたんやで…?
あなた

ニャ…!?最低ニャよ!

望
可愛すぎてたまらんわ…(コソッ
あなた

ニャ…///

照史
照史
猫でも敏感なのはかわりないんやな…///