プリ小説

第11話

キーホルダー
「虹太…それ…」


虹太くんが持っているキーホルダー。


丸いクラフトチャームの中に虹の絵が描かれていて、色とりどりの小さなビーズで周りが囲われている。


私はそれに見覚えがあった。


もちろん、悠貴も。


いやでも…そんなはずはっ…


「このキーホルダー?

オレのだけど?」


「じゃ、じゃあお前それどこで買ったんだよ!?」


「…んー、そうだなぁ、買ってない、作ってもらった。」


じゃあ…まさか…


「に、“にじ”…なの?」


私は恐る恐る聞いてみる。


そんな…


虹太くんは少し寂しそうな顔をしてふっと笑って言った。


「気づくのおせーよ…バカ。」


じわっ…


目元が熱くなり、視界がかすむ。


そしてツーとなにかが頬をつたう。


「…泣くなよーっ。」


ははっと笑う虹太くん。


「だっ、だってぇーっ!

一生会えないと思ってたからぁーっ」


ヒックヒックとしゃくりをあげながら泣く私。


「虹太が…あの“にじ”なんて…。」


“にじ”


私たちが幼稚園の年少の時まで一緒にいた幼なじみ。


“にじ”のお母さんが私たちに教えてくれた、「この子の名前にはあれとおんなじ漢字が入るんだよ」と雨上がりに掛かっていた虹を指しながら。


漢字ってなんなのかその時はよく分からなかったけど、それから私たちは虹太くんのことを“にじ”って呼ぶようになった。


別に、バカにしてるわけじゃないよ?


イントネーションだって、虹とは違うし。


ずっと“にじ”って呼んでたから、本名すっかり忘れてた…。


毎日毎日休みの日でも雨の日でもいつも3人で遊んでた。


でもある日突然いなくなった。


理由は分からず、もう会えないと思っていた。


「オレの名前の漢字、分かってる?

どう考えたってオレが“にじ”だよ。」


にこっと“にじ”が微笑む。


「あ…」


そっか、分かった。


私が時々、虹太くんに対して感じてたモヤモヤの正体。


笑った顔が…“にじ”にそっくりだったんだ。


幼稚園児と高校生じゃ全然違うけど、どこか面影があった。


「そのキーホルダー、まだ持っててくれたんだねっ」


私は涙を袖で拭きながら言った。


“にじ”が私たちに見せたキーホルダーは昔私が作ってあげたもの。


“にじ”には虹のイラスト、悠貴には星、私はハート。


「当たり前じゃん、宝物だし。」


「オレも持ってる!」


そう言って悠貴がカバンのポケットから取り出した。


そして私もスカートのポケットから。


「なんだ、みんなとっておいてくれたんだねっ」


なんだか嬉しいな。


「おうっ、しかも毎日持ち歩いてっから!」


ニカッと笑う悠貴。


つられて私も笑顔になる。


もー、2人とも大好きっ!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

*ゆうう*
入賞者バッジ
*ゆうう*
⏬OPEN⏬ おはようございます☀︎、こんにちは😁、こんばんは🌛 *ゆうう*といいます😌😌 よろしくお願いします😊🙇 そんなに上手くもないですが、たくさんの方に読んでいただけたら嬉しいです(*´v`) 🌟とか♥とか沢山ついてると喜びます🙌🙌🙌 いっぱいありがとうございます🙇💕 たくさんの🌟や♥が、作者のやる気に繋がります💪💪 リクエスト、受け付けております🎶 コメントいただければ、番外編(主人公以外の目線)も書きます🎶 「第○話 ○○side」とコメントください☺︎︎ ✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼ 第1回プリコン:『隣のキミが大好きだよ』 グランプリありがとうございます💕 第2回プリコン:『「ねぇ、好きって言って?」』 入賞ありがとうございます💕 第4回プリコン:『やっと逢えたね』 いいね賞ありがとうございます💕 ✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼ ⏫CLOSE⏫