無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

突然の告白
「ふふ〜んふ〜んっ

ただいまーっ」


鼻歌を歌いながらリビングにいるお母さんに声をかける。


「おかえり。

なに、上機嫌じゃない?」


えへへ。


「だって今日ウチのサッカー部勝ったんだよ!

しかも、悠貴がゴール決めたのーっ」


まるで私がプレイヤーだったみたいに嬉しくて、テンションが上がる。


「へぇー、1年生なのに、すごいねゆーちゃんは。」


お母さんは悠貴の事をゆーちゃんって呼ぶ。


もう高校生なのに、まだその呼び方?って感じだけど。


「あ、あなた、ちょっと洗濯機回しといて。」


「はいはーいっ。」


お母さんに言われたとおり、洗濯機を回して部屋に戻る。


ベッドにダイブするとどっと疲れが押し寄せてきた。


「はぁ…」


応援するだけでも疲れた…。


寝返りを打とうとすると、硬いものが腰骨にあたる。


ん?


あ、ズボンのポケットに入れっぱなしにしてたスマホか。


そーいえば、今日全然いじってないや…。


画面を開くと、LINEの通知がたくさん。


うげっ、クラスLINEが何やら盛り上がってて通知が50…。


なんの話…?


トークをタップすると、なにやら文化祭の買い出しの計画のよう。


文化祭は7月の第1週目だから、あと2週間。


私たちのクラスは男女逆転喫茶。


何でこんなのにしたんだか…。


まぁ、私は料理担当だから男装はしないけど…。


にじも悠貴も女装して接客係。


1回目の買い出しで買ってきたカツラを付けたら可愛かった、2人とも。


「ふっ…」


思い出して笑っちゃう。


今回の買い出しは、装飾品か。


あ、三空も七海も行くんだ〜…。


じゃあ私も行こっかな…。


『行ける』という方に投票する。


さて、ほかの人にも返信しないと…。


一番上に三空が表示されたのでそこを押す。


『今日楽しかったね😄

悠貴くんかっこよかった😆』


はは、悠貴に言ったら喜ぶぞ〜。


『だね!

明日も行く!?』


私が送信するとすぐに既読が付いた。


毎回早いなぁ…。


『行きたい!

悠貴くんのシュート、もう1回見たい😆』


そんなに!?


もう悠貴のファンじゃんっ。


『じゃあ行こっか〜!

七海は部活あるって言ってたし…2人で?』


『そうだね〜👍

あ、あと…』


あと?


『???????????????????』


私は送られてきた文字に、なぜか凍りついてしまった。





『悠貴くんのこと好きになっちゃったかも😳』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

*ゆうう*
入賞者バッジ
*ゆうう*
⏬OPEN⏬ おはようございます☀︎、こんにちは😁、こんばんは🌛 *ゆうう*と申します😌😌 よろしくお願いします😊🙇 たくさんの方に読んでいただけたら嬉しいです(*´v`) 🌟とか♥とか沢山ついてると喜びます🙌🙌 皆様のコメントは作者のやる気の源です💪💪 ✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼ リクエスト、受け付けております🎶 コメントいただければ、番外編(主人公以外の目線)も書きます🎶 「第○話 ○○side」とコメントください☺︎︎ ✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼ 第1回プリコン:『隣のキミが大好きだよ』 グランプリありがとうございます♡ 第2回プリコン:『「ねぇ、好きって言って?」』 入賞ありがとうございます♡ 第4回プリコン:『やっと逢えたね』 いいね賞ありがとうございます♡ 第16回プリコン:『好きの気持ちのうら×おもて』 いいね賞ありがとうございます♡ ✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼ #ゆうう #オリジナル #恋愛小説 #短編小説 #恋 #片想い #両想い #失恋 #裏切り #高校生 #先輩 #後輩 #クラスメイト #先生 #兄妹 #告白 #好き #切ない #第1回プリコン #第2回プリコン #第3回プリコン #第4回プリコン #第5回プリコン #第6回プリコン #第15回プリコン #第16回プリコン #第17回プリコン #第18回プリコン ⏫CLOSE⏫
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る