無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

❅ 不機嫌の原因 ❅
高幡先輩!
5日目の1時間目が終わった休み時間

次の時間は生物で蒼依と蓮と移動教室している時不意に後ろから声を掛けられた

反射的に後ろを向くとブレザーの下にパーカーを着た如何にも元気っ子な男子生徒

上履きを見ると赤色なのですぐに1年生とわかった

その前に先輩呼びしてたから後輩なのもすぐわかった
凛佳
えっと…誰…?
初めて声をかけられて名前を知らない

私この子と何か話したことあったっけ?
1年の滝瀬 彰都(あきと)って言います!
滝瀬、彰都くん…
やっぱり知らない人だ…
私に何の用だろう
廊下だからあまり立ち話しすぎると皆に迷惑かけるよね
彰都
突然何ですけど黒木先輩と別れてもらえますか?!
……え?

黒木先輩とは蓮の名字

何で急に?
というか私1年生にも蓮の1週間だけ付き合ってるのバレてるの?

滝瀬くんの声が大きくて廊下中に響いてしまった

うわ〜…穴があったら入りたい…
ねぇ
蓮?
違うとこで話さない?
ここだと人に迷惑かけるしここで話す事じゃないだろ
あ…もしかして私の事察してくれた?

人気のない所に移動して私は滝瀬くんの顔を見た

可愛い系だな〜

そして何でか蒼依もついてきた
面白いのかニヤニヤしている
で、滝瀬だっけ
凛佳に何のよう?
私より1歩前に出て威圧感を出している

蓮よりもはるかに身長が低い滝瀬くんは蓮を見上げる体制に

わかるよ、滝瀬くん。
身長高い人と話す時って一々首上げないといけないよね。それがたまに面倒でもう蓮の顔見ないときがある

滝瀬くんは固唾を飲んだ
彰都
俺、高幡先輩の事…好きなんです!
いきなりの告白に私は驚いた

蓮と蒼依は察していたのか蓮は無表情で蒼依は楽しそうにしていて「きたあああ!」と訳の分からないことを小声で言っている

何が来たのかさっぱりわからない
ガキは黙って勉強してろ
凛佳
1つしか変わんないでしょ
1年先に生まれたからって偉そうにしないの全く…
凛佳
滝瀬くん、ごめんね
私今仮にも蓮と付き合ってるから…
彰都
でもそれは1週間だけでしょう?
それに黒木先輩の事好きじゃないなら俺にも可能性はありますよね!?
ど、どうしよう
迷っていると横から肩を引き寄せられた

誰かやったのかは分かりきっている
ダメ。
凛佳は今オレの彼女だから
あ、まただ

心臓がキュゥウウと締め付けられる
蒼依
三角関係ヒューヒュー
凛佳
蒼依黙って
蒼依
いやん♡
凛佳
……
私はたまに親友がわからない

蒼依はこういうのが大好きらしい

蓮から離れて滝瀬くんの顔を見た
真剣な眼差しが私を本気だと思わせた

こんなにも勇気をだして言う事はすごいと思う
羨ましいくらい
凛佳
告白してくれてありがとう、本気なのはわかった…
待って。
オレの告白は本気って思わなくて何でこいつのは本気って信じんの
やっぱりそこに行くか…
凛佳
蓮はほら…お、幼なじみだから?
いや意味わかんねーし
凛佳
と、とにかく!
滝瀬くんの気持ちは嬉しいよ
蓮の告白があったからこそ次はふざけちゃ駄目ってわかった

だからある意味蓮のおかげだよ

それに何をそんなに蓮は怒っているのか…
凛佳
でも今は蓮だけに集中したいから
「ごめんね」と付け足す

明らかに落ち込んだ滝瀬くんを見て何だか悪い事をした気分だ

振られる方もツライけど振る方もこんなにツライんだ…
彰都
諦めませんから…
諦めろ
凛佳
こら
失礼でしょ

休み時間が終わりそうなので話は終わった
何とか今回は引いてくれて私達も生物室に急いだ

滝瀬彰都くん…

何で一度も話したことが無いのに私の事を好きになったんだろう

一目惚れとか?
でも私容姿は別に特別可愛いってわけじゃない





それからと言うと
彰都
せんぱーい!
彰都
それ運びますよ〜!
彰都
先輩いつでも頼ってくださいね
…休み時間のたびに教室に来るようになった

廊下ですれ違うと嬉しそうに話しかけてくれる

それと同時に
………
蓮が不機嫌になった

昼休み中で今も私の教室にいる滝瀬くんは美味しそうに菓子パンを食べている

蒼依とも一緒に食べて珍しく4人だ
蒼依
彰都くんって部活やってるの?
彰都
サッカー部入ってます!
おお、予想通りだ

元気に走り回ってるイメージ

惣菜パンを食べて口の周りにソースがついてしまっている滝瀬くん
ティッシュを鞄から出して拭いてあげた

「あざっす」とお礼を言うとちゃんと手を合わせてごちそうさま!と言っている

おお、ちゃんとしてる…
凛佳、それ頂戴
お弁当箱に入っているインゲンの豚肉巻きを指差してあーんと口を開けた

もしかして、食べさせろと?

今日もパンの蓮は箸がない

指で食べさせるにも汚い…
仕方なく私は箸でおかずを掴み蓮の口に持っていく
もぐもぐと口を動かす事さえも可愛いと思ってしまう私はホントにどうしたものか

食べた後なぜか滝瀬くんを見つめた蓮
そしてまた私を見た
今日家行っていい?
いつもは言わないでくるのに今日はどうしてか言ってきた
凛佳
いいけど…?
彰都
先輩!
凛佳
は、はい!
彰都
今日一緒に帰りましょ!
凛佳
い、いいよ
滝瀬くんも帰り同じ方向なのかな

彼女は彼女が誰を見ているのか気づかない__ 。