無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

❅ 後輩くん ❅
私、三橋蒼依は凛佳の親友

凛佳が彰都くんから教科書を返してもらっている

滝瀬彰都くん
1年生の元気な子

多分165cmくらい
158cmの私より少し高い

サッカー部で元気で素直な子
この前だって一緒に帰った時
彰都
蒼依先輩は可愛い系っすよね!
と恥ずかしげもなく言ってきた

今まで付き合った中で初めてのタイプ

だから最初は面白い子としか思ってなかった
でも昼休みとか一緒に居るうちに"気になる後輩"に変わっていた

流れで連絡先も交換した


好きになる一歩手前
好きになっても彰都くんは凛佳が好き


でも恋愛って言うのは自分から行かないと始まらないものでしょ?

待ってても始まらない
彰都
あ、蒼依せんぱーい!
お手洗いから教室に戻る途中彰都くんが笑ってこっちに来た

誰にでも嬉しそうに笑うこの子が可愛い
蒼依
お〜、彰都くん
凛佳なら教室に居たでしょ
そう言うと何故か悲しそうな表情になった

珍しい
彰都
俺、半分諦めてますよ…
さっき教科書返しに行った時黒木先輩も来たんすけど黒木先輩を見る先輩の顔が明らかに好きって顔してたから
意外だった

彰都くんは好きになったらとことん諦めないタイプだと思っていたから

蒼依
正直私は彰都くんの味方でもあの幼なじみくんの味方でも無い
私は凛佳の味方
私は凛佳に助けられた事が沢山あるから

あの子を泣かせたらどんな人でも許さない
蒼依
でも、彰都くんはそんな生半端な気持ちで凛佳を好きになったんじゃ無いんでしょ
目を見たらわかる

ホントに凛佳が好きなんだって
彰都
…はい
蒼依
それなら最後まで諦めないで頑張ってみたら
ほら、明日で1週間だよあの2人
蒼依
明日また告白する予定でしょ
明日また告白するって事はSNSでやり取りして知っていた
彰都
振られるって分かってるんすけどね…
蒼依
その時は私が慰めるよ
だから頑張ってよ

私も頑張るから
彰都
へへ、蒼依先輩俺の姉ちゃんみたい
姉ちゃんって…

残念ながら私は一人っ子です
ポッケに入っている棒飴を彰都くんに渡した

彰都くんの好きなパイナップル味
蒼依
これあげるから明日頑張れ
彰都
はいっす!
彰都くんが自分の教室に戻ると私は階段付近を見た

さーて、さっきから視線を感じるんだけど誰なのかな…