無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

❅ 視線 ❅
蒼依
誰かに見られてる
見られてる…?

3時間目の体育の時間
今日は女子が体育館を使っている

バレーボールをしているがそれはあまりバレーとは言えずまずはボールに慣れようという事で2人1ペアになってトスの練習をしている

なのでほとんど自由時間

体育の先生は用事で職員室に戻ってしまった
凛佳
見られてるって今も?
蒼依
ん〜、今は視線感じないけど休み時間とか
それが本当なら危ないよね…
凛佳
もしかして手紙書いた人かな…
名前書き忘れた事思い出して言いに来たとか?

それとも返事待ち?
蒼依
そうだったら名乗り出てほしい〜
私コソコソする人苦手
蒼依はハキハキしてる人が好きだもんね

というか…
凛佳
ポッケから飴出して食べないの
蒼依
え?
凛佳ちゃんも欲しいって?
しょうがないな〜
凛佳
いらない。
何でいつも会話がズレるの…

いやさっきのは私が悪いな…
それにしても蒼依はホントによくお菓子を食べる
今日だけで飴何個食べたんだろう
蒼依
暫く見られてるの続くなら私から行こうかな〜
凛佳
おぉ、すごい勇気
私には絶対ムリだ

体育の先生が戻って来て如何にも真面目にトス練をしてましたと言わんばかりに蒼依と瞬時に始めた

みられてるかー…

蒼依大丈夫かな



体育館が終わって蒼依と自販機に行って飲み物を買うことにした
ここの自販機は飲み物の種類が少なくて不人気

そのためあまり人が居ない

水にしようとボタンを押すとガタンっと音と同時に出てきた

受取口から取った

蒼依はアップルジュースを選んでいる
生徒
わー!
蓮お前ふざけんな!
名前に反応して見るとグラウンドにある手洗い場で蓮とその友達の髪がビショビショに濡れていた

何となく予想できた…

楽しそうに笑っているので蒼依と知らないフリをする事に__
凛佳
出来なかった。

見つけるの早い…

名前を呼ばれては無視をする事が出来ずに蓮を見た
凛佳
風邪引くよ
明日で10月で少しヒヤヒヤしてきたのに
凛佳頭拭いて
自分で持っていたタオルを渡された

不覚にもビショビショになった蓮にドキドキしたのは内緒
蒼依
先に教室戻ってるよ〜
凛佳
あ、ごめんね蒼依
蒼依
だいじょーぶ!
1人で平気かな

見られてるって言ってたからあまり1人にしたくないんだけど…

早く蓮の髪拭いて後を追おう

蓮の髪にタオルを覆うとボサボサにならないように慎重に拭いていく
凛佳
風邪引いたらどうするの
その時は凛佳が看病してくれるからいい
いつものことだ

小さい頃から私が風邪を引くと蓮が看病して蓮が風邪を引くと私が看病していた

ちゃんと親も看病してくれた

それにしても相変わらず髪の毛柔らかい
生徒
ねぇねぇ高幡さん俺にも拭いてよー
蓮の友達が私に言ってきた

最近の男子高生は自分で髪の毛拭けないの…?
お前はオレが拭いてやるよ
生徒
やだよ、お前力強いからいてぇんだよ!
拭かれた事あるんだ

男同士で拭き合うのって当たり前なのかな
女子はまずビショビショになる事無いもんな…
凛佳
制服にもまだ着替えてないで次の授業間に合うの?
あと少しで休み時間終わっちゃうのに
遅れても別に授業出れば問題無いんじゃね
そういう問題じゃない

でも4時間目の世界史のおじいちゃん先優しいからゆるしそうだなぁ…

ある程度拭き終わるとタオルを本人に返した
凛佳
それじゃあ私蒼依の所行くから
行こうとすると蓮に腕を引っ張られ私は蓮に後ろから抱きしめられる状態に

最近毎日抱きしめられてる気がするんだけど気のせいだろうか……

蓮ってもしかして意外と甘えん坊だったの?

14年間幼なじみをしてきて初めての発見だ
凛佳
な、なに…
充電。
私はバッテリーかな?

しかも充電って今日は蓮寝てばかりだったじゃない…

それでも嫌な気分じゃなかった
いつの間にか蓮の友達も居なくなっていた

後ろからため息が聞こえる
負のため息じゃなくて安心している方
やっぱ凛佳と居ると落ち着く
人いなくてよかった…

こんな所見られたら恥ずかしすぎる
凛佳
幼なじみだからかな
それもあるし、好きな人だから
淡々と言われた「好き」に幸せを感じた

こんなにも好きでいてくれたんだ

もう少しこうして居たいけれど私は蒼依の事が気になって教室に戻る事にした

あと5分もしないうちに休み時間が終わってしまう
教室に入ると蒼依は自分の席に座ってマシュマロを食べていた
凛佳
蒼依、大丈夫だった?
蒼依
おかえり〜
ん?あー、大丈夫だったよ
良かった…
凛佳
ごめんね…
蒼依
何で謝るの〜
大丈夫だよ、ありがとう
蒼依は優しくて気が利いて周りもよく見ている

でもだからこそ無理しちゃうところがある

みんなに迷惑を掛ける事を極端に嫌うから心配もさせてくれない
凛佳
何かあったら絶対言ってね
蒼依
りょーかいっ!
マシュマロ食べる?と聞かれて私は1つだけ貰って食べた


蓮は予想通り4時間目を10分遅刻してきた

席に座ると朝みたいに速攻寝た

寝顔を横目で見ていると急に目を開けて目が合ってしまった

反射的に逸らすとまた私は蓮の方を見る
凛佳
っ!
蓮は私から目を離さないで見ていてまた目があう

そしてニッと笑った

何の笑顔かはわからない
でも私はその笑顔が大好き

その笑顔を__独り占めしたい


1週間カップル終了まであと1日__…