無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

643
2017/11/03

第8話

亮ちゃんの想い。
「え?、いや、だってだいたいわかるもん。あれ、今の彼女でしょ?」

《あ、う、うん、》

「それより、行かなくてよかったの?」

《最近さ、あまり上手くいってなくてな、》

「だったら余計に行かないと!」

私は少しさみしかった。でも、こう言うしかなかった。

《……、》

「亮ちゃん?」

《いや、俺な、、別れようと思ってて、》

「え?」

《俺な〇〇の事、、まだ、》

プルルルプルルル〜♪

私の携帯がなった。

「ごめん、亮ちゃん、ちょっと電話出るね、」

私は会社に戻らないと行けなくなり、、

「ごめん、亮ちゃん、呼び出しだった、、」

《あ、そっか、ええよええよ、んじゃ、また会ってくれるか?》

「もちろんだよ!またご飯いこ♪」

その時亮ちゃんはなんて言おうとしたのかまだ私にはわからなかった。