無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ついに ──── 。

ーー 涼介side


帰り道 。

俺はひいに告白することを決めた 。


ガチャ
涼介
ただいま 〜
ひい
あ ッ ! 涼介 〜 !
おかえり ーー
涼介
寂しかった ッ ?
ひい
ちっちゃい子じゃないし 〜 !
涼介
んは 、御免 御免 ( 笑

ん 、? なんかいい匂いする ッ !
ひい
ひいね 、カレー 作ったんだぁ 〜 ♡
涼介
お!まじか ッ !
俺腹減った 〜
ひい
食べる ッ ?
涼介
おう ッ !食べよ 食べよ ッ !

あ 、俺ひいに話あるんだけど …
ひい
ひいも涼介に話ある …
涼介
じゃぁ 、ご飯食べながら話そ ?
ひい
うん ッ !

ひいはカレーを持ってきてくれた 。
涼介
ありがと ッ !
ひい
うん ッ !
涼介
いただきます ッ
ひい
いただきます ッ

パクッ
ひい
どぅ ?
涼介
ん 〜 !美味い ッ !!
ひい
本途 ッ !? 
涼介
めっちゃ美味い ♡
ひい
良かったぁ 〜
涼介
あ 、さっきの話なんだけど 、
ひい
あ 、うん 、

俺はスプーンを置きカレーを飲み込んでひいを見詰めた 。
涼介
俺 、お前のことずっと好きだったんだ 。
だから 、俺と付き合ってください ッ !!
ひい
は 、はい ッ !
涼介
本途 、?
ひい
うん  ッ ♡
涼介
良かったぁ 〜 、

俺は嬉しくて嬉しくて 、カレーを食べるスプーンがよく進んだ 。
ひい
おかわりする ?
涼介
まだあるの ?
ひい
あるよ ?
涼介
じゃあ食べる ッ !
ひい
じゃぁ 、お皿かして ?
涼介
ほい ッ !

俺はひいにお皿を渡した 。
ひい
はい ッ !
涼介
ありがと ッ !

あ 、ひいからの話って ?
ひい
あ 、もぅいいや ッ !
涼介
そっか ッ

うん 。涼介に言うことなんか何も無い 。

ただ1つ言うことといえば 、「 愛してる 」だけ 。

だって 、涼介が帰ってくる間色々考えていたから ──── 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

宙芽 :
宙芽 :
平成 ノ 赫王子 👑 に恋ヲしまシた ──── 。 🤞🏽 My profile 🤞🏽 ☁️ )age : 14 ☁️ )my price : Ryosuke Yamada ❤️ ☁️ )like : minion (( お前だけに見せる顔 )) (( あの日の君へ ──── 。 ))← 新作 ✨
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る