無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

少しくらいなら
310
2017/10/02 16:56
「...ふふっ笑不安になったの?」

『...笑うなばか』「だってさぁ...だいすきなのに」

私が素直じゃないから、少し不安だったらしい涼介。

しかたない。今日くらい素直になってやろうじゃないか笑私は涼介に勢いよく抱きついた。

『おわっ』「ふふっ笑...あのね?...私の我儘に、優しい笑顔で応えてくれる涼介がすき。」

『.....っ///』

「気分屋で、...なかなか素直にならない私を、好きでいてくれる涼介が、...だいすき...なんだよ///」

よ、し。言った!私すごくない?...涼介の耳、真っ赤だけどね笑