無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

恋の始まり?
15
2017/10/03 13:34
去年の2016の春に中学1年生になった私。

胸が破裂してしまいそうなぐらい緊張と、
どんな人が居るのか楽しみな気持ちでいっぱいで

周りを見てなかった。というか、見れなかった。

ドンッ________

お互い勢い良くぶつかった

あなた

痛たたた、、、

少しぶつかっただけなのにコケてしまった。

まぁ、自分の不注意のせいだ____。
あ、すいません
と、そっけなく謝られた。

自分の不注意のせいだけど、何だこいつ、むかつく。と
思いながら立ち上がった。

すると______
本っっ当ごめんね。
怪我ない?大丈夫?
しっかり心配しながらも謝ってきた。
あなた

あ、大丈夫です!
貴方こそ怪我しませんでした?

と、他人行儀で問いかけた。

その男の子は___
そんな堅苦しくならないでよ~
俺達同級生でしょ!?
ゆうせい
あ、俺の名前は「ゆうせい」だよ!
君は?
淡々と話を進めやがった。と思いながらも、
あなた

なら、タメでいっか!!
あ、うちは、〇〇って言うよ~

ゆうせい
〇〇___良い名前だねっ
と言いながら手を差し出してきた。

これは____握手?

恐る恐る手を出すとぎゅっと握ってきた。
ゆうせい
これからよろしくね!
あなた

_____よろしく。

この瞬間から私の恋は始まっていたなんて誰も知らなかった___。