無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

これって??
10
2017/10/03 13:50
とても退屈な入学式が終わり、
新しく出来た友達とクラスへ向かっている時

さっきの出来事を思い出してしまった。
あなた

ねぇ!聞いてよ!

あみ
どーしたの??
あなた

さっきね、ゆうせい?っていう人とぶつかっ____

頭に重い物が乗って言葉が突っかかった。

したも、突然の出来事でびっくり
あなた

な、何!?

ゆうせい
〇〇が言ってるゆうせいとは俺の事かな~??
本人が登場してさらにびっくり
あなた

!?!?

あなた

そ、そーだけど!

冷たい言葉で言ってしまった。

でも、
ゆうせい
まじかー!俺めっちゃ嬉しいんだけど!!
あなた

______えっ!?

そんな冷たく言わなくてもいいじゃーんって
言われるかと思ったのに

まさかの嬉しい!?もしかしてこの人Mなの?なんて
思われるような事を言ってきた。
あなた

なんで嬉しいの!?

ゆうせい
だって、初めて会った女子に俺の話してもらえるなんて
結構光栄じゃね!?
もの凄く無邪気な笑顔で言った。
あなた

へー、勝手に思ってれば?

あまり興味が湧かなくなったから冷たく返したら___
ゆうせい
おう!勝手にするわー!
と言いながら、私の頭をぽんぽん
ゆうせい
じゃあな!またいつか!
あなた

/////

頭をぽんぽんされる事なんてなかったもんだから、
顔を真っ赤にしてしまった。
あなた

ねぇ、あみ?

あみ
なによー、〇〇~
ニヤニヤしながら返事をしてきた
あなた

もしかしたら、ゆうせいの事苦手?かも_____?

私は、誰も予想しなかったであろう言葉を発した。








あらあら、誰も、してください予想してない展開になってきましたねぇ_____