プリ小説
一覧へ

第1話

雷の音で目を覚ました。
あなた

ひっ…。

というか、ここは…?

私は見覚えのないソファーに寝てて、







見覚えのないブランケットをかけてて、





見覚えのない部屋にいた。






さっきまで死ぬかもとか思ってたのに





なぜだか怖くなって逃げだそうと、部屋のドアに手をかけかけた時。


二宮和也
あっ、起きちゃった?


目の前にスーパーアイドルが現れた。
あなた

あ、あの、拾ってくれてありがとうございます…。

二宮和也
いや、大丈夫よ。あのまま放って置いてたら今頃天に召されてたかもよ?笑


なぜ私は今、



スーパーアイドルの自宅で



こんなことになっているのか。





目が覚めて数分後、ようやく思い出せた。




______________________________





ザー………。




時間が経つにつれ激しくなっていく雨。





今、私は傘なんて持っていない。





というか、必要ない。





どうせ、このまま誰にも気にかけられず





もう何日かで




どこかでひっそりと




息しなくなるはずだから。





あなた

ヘックション!!




あー、風邪引いたな、多分。




そりゃそうでしょ。こんなに雨に打たれてんだから。




頭も痛いし、ぼーっとするし…。





もう少しで意識を手放しそうになった。











その時だ。



彼に出会ったのは。





二宮和也
どうしたの君、こんなところで?



ぼやけて正確には見えないけど…。




どこかで見た事あるような……?





そこから先の記憶はない。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

み ま も な か
み ま も な か
どうもどうも✋ 【にのみやさんに拾われて。】 【みまもなかの #みま妄想 。】 只今連載中でございます。 占いツクールでも小説書いてます^^* 【君、想う。】 【私なりの恋愛を。】 【乃 木 坂 が ー る !】 を更新中です!ぜひ寄ってってください!笑