無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2
452
2017/10/02 23:44
そして待ちに待った月曜日。

いつも、平日に来るなんて、その人、どんなお仕事してるのかなぁ、なんて考えてたら、靴屋に着いた。

あなた

おはよ!愛菜ちゃん!

店員 愛菜ちゃん
おはようあなたちゃん、まだいらっしゃってないから、待ってて!
はーい、と気だるげな返事をし、またスニーカーを探して店内をまわっていた。
その時、後ろから、
「愛菜ちゃんおはよぉ」
って、お花畑の中にいるような
優しい声が聞こえた。

愛菜ちゃんと仲いいのかな?
なんて考えてると、
店員 愛菜ちゃん
この前言ってたあなたちゃんもう来てるよ、安田くん。
愛菜ちゃんがその人を
"くん"と呼んだ事に
驚いている私がいた。