無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

03.マホトside_
マホト
はぁー
サグワ
そんなでっかいため息おれの前でしないでよ!
マホト
あーごめんごめん
サグワ
なんかあったの?〇〇と
マホト
なんであいつなんだよ!!汗
サグワ
皆にバレてないって思ったら大違いだよ?w
マホト
え…?
サグワ
少なくともへきトラは知ってると思う
あと一部のリスナーさん
マホト
なんでリスナーまで!?
サグワ
〇〇が顔隠して動画出てる時親方の顔めっちゃ楽しそうだよ
そりゃ、わかるよw
マホト
まじかー
マホト
あいつさ、多分高校のとき好きだったやつと昨日再開したらしい。
サグワ
親方大ピーンチ
マホト
そんなふざけてる場合じゃねーって!
マホト
俺さ、あいつを毎回仲間家に呼ぶとき理由つくってたんだよ
多分あいつ、もう仲間家に来ないんじゃないかな。
サグワ
それはないよww
親方深く考えすぎだって!
〇〇だって仲間家落ち着くーって言ってたし!
マホト
だといいけど…
そろそろあいつに気持ち伝えなきゃだよな。。
俺は中学からずっとあいつのことが好きなんだよ
気持ちはぜってー負けねー
YouTube初めて1番に応援してくれたのだってあいつだし全部1番はあいつなんだよ
あいつの中は俺は何番目なんだよ。。
OMAさん
あのさ、はっきり言うと今日のマホトは
なんと言うか気持ちがあんまこもってない
だから取り直しで大丈夫?
マホト
はい、すみませんでした。
色々あって。。
OMAさん
明奈ちゃんのこと?だったら深く考えない方が…
マホト
え、OMAさんまで知ってたんすか…?
OMAさん
あ、うんw
OMAさん
はやく気持ち晴らしてきなさい!
この曲作成はまだ時間あるしゆっくりでいいから
マホト
本当にありがとうございます!
後は俺次第。

最後に笑うのは俺なんだよ。