無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

素直になりたい
自分の気持ちを知ってから仲間家に行くのが恥ずかしくなった

~♪

あいつからの着信だ
あなた

もしもし

マホト
なんでお前最近仲間家来ないんだよー
メールの既読もおせーし、、
あなた

私だって暇じゃないし!

思わず強くあたってしまった
あなた

あ、ごめん

マホト
いや、大丈夫、
お互い無言になってしまった
マホト
あ、俺そろそろ編集しなきゃだからきるな!!
あなた

でも、さっき動画上がったばっかり、、

マホト
((あいつ、気を使ってるんだからちょっとは気づけよ…))

も、もう1本するんだよ!
あなた

そうなんだ…! 大変だね…

マホト
おう!じゃーな!
彼は通話をすぐに切った
あなた

((なにしてるんだろ…))

マホトのことが好きって気づいた私は何をどうしてもうまくいかなかった
あなた

もう、どうしたらいいの…?

思わず独り言が零れた
自分一人しかいないアパートにはもちろん返事が帰ってくることもなかった
しかし、少ししてジンくんから電話がかかってきた
ジン
あ、もしもし
あなた

珍しいね どうしたの?

ジン
どうしたのっていうかこっちがどうしたの?w
マホトとなんかあった?
あなた

え?

ジン
マホト、電話きってからすぐ寝てるから
あなた

((編集嘘なんだ、、気使ってくれたのかな))

自然と涙が零れた
ジン
おーい?○○?
あなた

あ、ごめんっ

ジン
何があったんだよ
あなた

わたし、マホトが好きなの

ジン
え!すげーじゃん!!
あなた

何がすげーんだし 泣

ジン
あぁ、ごめんごめん
((そっかぁ、こいつら両片思いってやつかー))
あなた

こういうの久しぶりで何もうまくいかなくてさっきもマホトに当たっちゃったの…

ジン
とりあえず仲間家こいよ
あなた

話聞いてた?
いまね?すっごい気まずいの!!

一気に涙がとまった
いつもの調子に戻ってきた
ジン
仲間家いると落ち着くんだろ?
じゃあ落ち着かせるためにこいよ
あなた

あーもうわかったよ!

ジン
じゃ、待ってるねー
通話を終えてすぐにジンはマホトを起こした
ジン
おーきーろー!!!
マホト
んぁ、。zzz…
ジン
○○が今から仲間家くるぞー
マホト
え、なんで?
ジン
お前もわかりやすいなw
マホト
だって、なんか、え?
ジン
これだけは言っとく
あいつ、前好きだった奴のこともう好きでもなんともねーってよ?
マホト
そうなの?
ジン
気持ち伝えるの今しかねーからな
マホト
でも…
相馬トランジスタ
ジンくーん?撮影行くよー?
ジン
じゃーな!
へきほー
相馬さんこれ持ってください!
そうしてへきトラハウスは撮影にいった
マホト
今日言うしかねーか((ボソッ