無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

YouTuberの彼女さん
目が覚めるとマホトの腕の中だった
ほのかに香るいいにおい
こんな良い目覚めが今までにあっただろうか
あなた

んん、(起き上がる

マホト
(○○をひっぱり腕の中に引き戻す
あなた

え、ちょ、マホト!?

マホト
(-_-)zzz
私、○○は幸せ絶頂期です!!
しばらくして
マホト
んん〜(起きる
あなた

あ、起きた?

彼は私を優しく包み込んだまま
マホト
おはよ
あなた

おはよ!

マホト
んーーーっ
○○を離し伸びをする
あなた

(ケイタイをひらき

あ、すっごいツイッターフォロワーさん増えてる、、
1 10 100 1000 、、3万人も!!

マホト
さすが俺の彼女
あなた

あ、みんな応援してくれてる!

マホト
俺もみたいー
二人肩があたりながらも小さい画面をみつめた
コメント
マホトくんやっと彼女さんできたね!笑

○○ちゃん可愛いから許す!!

○○ちゃん可愛い〜

こいつに負けるとか、、
マホト
ま、全員が応援してくれるのは無理だろ
あなた

そ、そうだよね!

マホト
あんま、気にすんなよ?
あなた

大丈夫だよ!!じゃ、ご飯作ってくるね!

マホト
おお、やったー
そう言ってリビングへと向かった
ツイッターのリプライを少しみると
コメント
この女許せない、、
あなた

あ、(すぐにケイタイの電源をおとす

そこにはたくさんの暴言などがあった

大勢の人たちに認めてもらうのは無理がある。それは充分わかっていたけどもいざその言葉を目の前にすると自分に自身がなくなってしまう
あなた

さ、料理料理!!

朝食を作り終え
あなた

みんなできたよー!!((大声

相馬トランジスタ
あ、つくってくれたんだ、ありがとう!
サグワ
うい〜
みんながぞろぞろとリビングに来る
仲間家
いただきまーす
ジン
そういえばさ、リスナーさんたちの反応どうだったの?
マホト
そりゃーリスナーみんなが応援するのは無理だけど応援してくれる人が多かったよ
サグワ
親方の前ではいい子ちゃんの振りするけど○○ちゃんの前は凶変する人も少しはいるんじゃない?
あなた

んー

マホト
そうなの?
ジン
そういう奴も中にはいるよな?○○?
あなた

それくらい平気だよ!

へきほー
ひどいと殺害予告とか、、
相馬トランジスタ
んはっ笑
第一声がそれっておかしいだろ笑
仲間家
爆笑
朝食終わり
あなた

(まぁ、大丈夫だよねっ

動画に出ることが多くなった○○はどんどんと知名度があがり否定コメントも少なくなり中には応援コメントに変わる人たちも多くなった
マホト
やっぱ俺の彼女だけあってすげーよ!!
あなた

当たり前じゃん??

マホト
かわいくねーなー笑
あなた

そこがリスナーさんのツボみたいよ??

マホト
でも、○○はさ?
マホトと○○の唇が触れる
マホト
こうすると可愛いよなー
あなた

...///

マホト
ほら笑
あなた

あーもうっ

ピコン 📲
あなた

(ケイタイをみる
きゃー!!!

マホト
なに!?!?
続く_

○○のケイタイに一体なにが!?