無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

続き
5
2017/10/03 10:10
家のそとにでてからも同じ。くだらない会話で笑う。
本当はちっとも面白くないと思っているはずなのにいつも口が横にひきつり偽物の笑顔を作る。最初はそんな自分に嫌悪感を抱いていたが今となれば何も感じない。
友達
アイツうざくない?
そう言われた。私はすかさず
『それな』
と答えた(それな)は同感を示す言葉だ
大人たちには
日本語になっていない
とか言われるけどこういう言葉ほど便利なものはない。あいずちをうっていれば十分。
そう日々の生活で習った




どんよりとした雲と古びた校舎が何変わらぬ顔で私たちを迎える
さぁ今日もいつもどうりにやろう
私は笑いながら校門をくぐった