無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

疲れ
3
2017/12/14 12:05
教室に入る
そこはやはりいつもと同じ景色が見える
ひとつ変わった事と言えば席が今度は2つ空いている
暗黙のルール
それを破るとそうなる
スクールカーストの頂点にいる監視カメラ人間に見張られて平和に過ごしているふりをする






ハハハハ(笑)
教室では乾いた笑いが響き渡る
それを大人は可愛くて無邪気な子供たちの笑顔だと勘違いする
いや、言い聞かせている。
そうすることで今の自分があるから