無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

現実3
裕樹
近くに美味しいパンケーキ屋が
あるけど、行く?
あなた

だから…

裕樹
俺が行きたいから
裕樹
一緒に来て欲しい
あなた

裕……

裕樹
あ!!
裕樹
取れた!ほらあなた!


カバンに付けるような小さなキーホルダーを持って大喜びする男子高校生って……。


裕樹
あなたにやるよ



てか、テンション上がりすぎて呼び捨てになってる。
あなた

ありがと



貰ってすぐカバンにつけた。



どうせならこれより隣りにある小柴の可愛いやつがよかったな。


なんて思いながら。






ネギの変なマスコット的なやつは全然可愛くない。

女子高生がつける代物じゃない。




でも、不思議と付けていたくなるのは、きっと……





裕樹くんがくれた物だから。