無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

挨拶4
裕樹
おはよ
あなた

わ、私……?



振り向いたそこには思わず目を瞑りたくなるほど眩しい笑顔の、裕樹くん。
裕樹
そう。私です(笑)
裕樹
逆に誰にだと思ったの?
裕樹
俺の前には君しかいないのに
あなた

だ……って。あの、私のこと知って……?

裕樹
??
知ってるよ
裕樹
伊藤あなたちゃん、でしょ?









私のことなんて誰も知らないと思ってたのに………。