無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

なんだかんだ2
裕樹
でさ、犬とかどう?
飼うとしたら


昼休みも裕樹くんは、友達の誘いを断って、私とご飯を食べてる。

その間もずっと、一人で喋ってた。
裕樹
あのさ、もしかして迷惑かな
あなた

そんな、ことない…よ…



ハッキリ言えない自分が嫌になった。