無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

なんだかんだ3
裕樹
ほんとに?ならいいんだけど
裕樹
なんか俺ばっかり喋ってるからさ
あなた

だって裕樹くんみたいなカッコいい人と話すとか
その、初めてだし………

裕樹
…………はっ!?
ば、バッカじゃねーの!!!

裕樹くんはなんで怒ったんだろう。


お弁当も残したままどっか行っちゃったし。