無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

なんだかんだ4
あなた

おかえり




昼休みが終わる頃、裕樹くんは戻ってきた。


私の顔を見ることなく、お弁当を平らげた。
あなた

あの……ごめんね?

なんか怒ってるみたいだし、とりあえず謝った。