無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

● 嫉妬
〝 ● 〟 は あなた さん side で書きます 。

─────────────────────





●嫉妬






はーい。 あなたです。



瑞稀、今日ね 涼くんと遊びに行くんだって。




重いかな。

いや、でも … 嫉妬 、、 する。



だって!!涼くんと仲良さすぎるんだもん!



たぶん、私のことより


涼くんのことの方が好きだもん!





Ryo.H
あなたちゃーん



は!?うっわ。




噂をすればって … こういうこと?


あなた

な、なに?



Ryo.H
瑞稀がさ、惚気てるよ
Ryo.H
どうにかして~




はいっ?


コンタクト合わなくなったのかな …



今、見えてるのは


〝 惚気てる 〟


の文字。





ないないない!


瑞稀に限ってそんなことありえない…っ!

あなた

涼くん、瑞稀の話ちゃんと聞いてる?

あなた

あいつ、私の悪口しか言わないからね!?

Ryo.H
あー、はいはい
Ryo.H
そういうことね


え?なにが?



わからない … 。


涼くん がよくわからない … 。



Ryo.H
あ、瑞稀に俺が言ってたこと話さないで!
Ryo.H
内緒ね!!絶対!
俺怒られちゃうから笑




は、はあ?



ますます、わからないよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

燐 音
燐 音
燐 音 ( り ん ) です! よろしくお願いします 💌
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る