無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話











瑞稀に話してみる … ?


あ、でも涼くん怒られちゃうって … 。




いや、でも涼くんは私の敵! (いつから)



涼くんが瑞稀とラブラブするのがいけないんだ。


そうだそうだ。←





よし、聞いてみよ。

あなた

みずきー

あなた

今日は楽しかったですかー?

瑞稀
は?なんで知ってんの
あなた

涼くんに聞いてたもん

あなた

で、涼くんがさ
瑞稀が惚気てるって言ってたんだけど

瑞稀
は?
瑞稀
あ、あいつ…



え、なにこれ。



まじな感じ。


あの 真剣 と書いて まじ って読むやつ? ←




あなた

ちょ、え、ほんと?

瑞稀
ん、や、まあ



え、はぐらかすって


ちょっと信じていいの?






え、え、嬉しいよ!




やっと勝ったの? あの涼くんに? (そこかよ)


あなた

あー、変なこと聞いてごめん

あなた

ふふ、いいよいいよ、笑

あなた

んじゃ、また明日ね♥

瑞稀
は?え?なんだよ



ふふふーん 。



だめだ、、 ニヤケが止まらない。





いやー、幸せ!




私、今、幸せ!






──────────────────


その頃の瑞稀は ……








っ、はしもっちゃん …


言いやがったか …





あーーーーおわた



おわた\(^o^)/

おわた\(^o^)/

おわた\(^o^)/





もう、しらね。


いいや、そろそろ素直になるか。





いや、きもい?




あー、でも隠すのきついぞ?









\ どうすりゃいいんだーーーー /









__ 瑞稀くん、迷い中でした。



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

燐 音
燐 音
燐 音 ( り ん ) です! よろしくお願いします 💌
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る