無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

◎ デート




◎デート





実は …


はしもっちゃん と 遊びに行った日、


あなた 、嫉妬しちゃって




〝 私ともデートして…? 〟




って言われちゃったんですね。



そりゃ、そのときはポーカーフェイス貫きました。




でもね、家で1人になってから

ニヤニヤが抑えらんなくて

学習能力がない自分は、

はしもっちゃんに言っちゃったわけですよ…




瑞稀
ねーねーはしもっちゃんんんん
瑞稀
あなたがね!デートしよって言ってきたのよ!!
あなた

あなた

ちょ、瑞稀!?




はい。こういうことで。



わかります?俺が何をしでかしたか。




そうですよ、はしもっちゃんに送るはずの


惚気をあなたに送っちゃったわけですね。




そりゃもう、その後 問い詰められましたわ。





え?なんでこんなに落ち着いてるかって?





いや、そりゃあ最初は叫びましたとも。


でもね、それを通り過ぎちゃったのよ。


放心状態ですよ。




シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

燐 音
燐 音
燐 音 ( り ん ) です! よろしくお願いします 💌
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る