無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話











え、もう意味わかんないよね?



どうしたらいい、俺は。






スマホ握りしめて、


なんて返そうか迷ってる。





♪ ピコン






うわあっっ!




あなた

え、瑞稀

あなた

あのさ、それって

あなた

期待しちゃっても…いいの?





うっわ。なにこの文面。


スクショしとこ。




俺がこんなになってるときだって、


かわいすぎんだって。




あ、返信。


やっぱなあ……





あなただってこんな冷たいやつ嫌だよな…





たまには〝好き〟とか言ったり、


ぎゅって抱きしめたり、


優しく接さないと



本当に俺飽きられちゃう…よね





こんなに好きだけど


言わないと意味ないのもわかってる。





だから、俺は意を決して

瑞稀
うん、そうだよ
瑞稀
伝わってないかもだけど
瑞稀
俺、ちゃんとあなたのこと好きだよ




あ、、、ああああ




気持ち悪い とか思われたかな。


重いから別れよ って言われんのかな。





どっちにしろ、俺はあなたのこと


大好きだけどね!!



シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

燐 音
燐 音
燐 音 ( り ん ) です! よろしくお願いします 💌
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る