第19話

風邪ひいた
113
2017/10/11 12:47
夕飯は冷蔵庫の中を見て、 
なにか余ってるものがあったら
それを使って3人分を作る。

今日はピーマン、玉ねぎ、ベーコンと
麺を使って焼きそばでも作るか。

「っくしゅ」

う〜。寒っ。
やばい、風邪まじでひいたかも?

濡れたままずっといたしな〜。

あったかくして寝よ。



焼きそばを3人分作ってひとりで食べる。
お母さんとお父さんは夜8時か9時くらいに
帰ってくるから、ラップして
冷蔵庫に入れておこう。


風邪薬はちょうどきれていた。
仕方ないから、あったかくして
寝るだけにしとこう。



――――――――――――――――――――――――――

次の日

コホコホ

「ゔ〜」

だるい。声は変だ。これは完全に風邪。

あまり体は弱い方ではないけど
最近色々あったから疲れとかが
たまってたのかな。
しかも濡れたし…


「おはよう。コホコホ」

「どうした?あなた」

「風邪っぽい」

「あら、大丈夫?」

「うん」

「薬あったかしら?」

「なかった、昨日見たけど」

「そうか、病院行くか?」

「でも、2人とも仕事でしょ?」

「いや、今日は父さん有給なんだ。」

「お母さんは休めないのよ…」

「じゃあお父さんにお願いしようかな?」

「じゃああなた、お母さんいないけど
 お大事にね?」

「うん、いってらっしゃい」