プリ小説
一覧へ

第5話

委員
関口
じゃ、後は保健委員だけだな……誰かやりたいやつ、いるかー?
 先生の言葉に教室は静まり返る。
関口
いないのかー?くじ引きになるぞ?
 先生の言葉に、保健委員やったことある人やれば、という声が聞こえ出す。
あなた

(私、やったことあるし……やった方がいいのかな)

 私はため息をついて、はい、と手を上げた。
関口
お、吉野、やってくれるか。じゃあ後は男子だけだな
 その言葉に、はい、と前方で手が上がる。
 声の主を見た私は驚く。
関口
おー、花田か。この学校初めてだけど、大丈夫か?
吉野さんに聞くので大丈夫です
 悠くんの言葉に、私がやってればよかったかも、という言葉が聞こえて私は苦笑した。
あなた

(イケメンって凄いなぁ)

関口
じゃあその二人で決まりだな。後で健康観察、保健室に持ってっといてくれ
 はーい、と返事をして私は首をかしげた。
あなた

(中学の頃の悠くん、保健委員どころか委員会すらやったことないような……何で急に?)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ゆっ
ゆっ
よろしくお願いします