無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

そして.....いま
11
2017/10/03 08:09
でも、好きな気持ちとは裏腹にキミと私の距離は縮まらないまま逆にギクシャクしていった。

そして、キミへの気持ちも冷めていった。冷めていったというよりもキミへの想いを抑えていたのかもしれない。

だから、キミ以外にちょっと気になる人が出来た時もダメになった。それはキミが私の心にまだ引っかかったままだったから。


キミのことがずっと心の中では好きだった。いつも好きだった。


でも、私はキミを避けてしまった。なるべく話さないようにと。


それがこれから私が後悔することの1つだ。


そして今、3年目もキミと同じクラスになった。