無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

初めての恋
中学一年になって夏の半ば私ははじめて恋をした


私は部活でバレー部に入っていました、その時ボールが外に飛んでいって自分が飛ばした訳じゃないのに、私が
取りに行けと言われたんです。私はだれにたいしても結構言う方だったので、言おうとしましたその時に、
いきなり頭をさわられたんです私はビックリして後ろを振り向いたら幼馴染の蓮がいました。その時に私は
初めて恋をしたんです。 いつもは無視ばっかしてくる
蓮が私の先輩に対して「自分で飛ばしたんなら自分で取りに行けよ、こいつはお前らのパシりじゃあねぇんだよ」って言ってくれたんです。本当に嬉しくてドキドキしてこれが私の恋なんだ!って思いました。


これで終わります。最後まで読んでいただき有り難うございました。