無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

出欠確認








ねぇ、中間先生。







中間先生の視界に私はいますか?






出欠確認する中間先生は全てが美しい。






淳「佐藤あなた」







「は、はいっ!!」







淳「なんや、あなたさん元気ええね」




「い、いえ笑」





初めて話せた。






中間先生と。







「やったっ!!(小声)」




小さくガッツポーズをする。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

詩花
詩花
占ツク作者。 Twitter→ @uratuku_uta
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る