無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

告白





淳「も~ホンマに大丈夫?先生心配やで?」











あなた「なら、先生……。
私が先生を好きって言うたらどうしますか?」









淳「えっ?」









そんなん言うはずじゃない。









あなた「す、すみません!!」









淳「びっくりすんで。
でも俺は嫁さんもおるしもうすぐ5歳の子供もおるから。」









あなた「そ、そうですよね。」









ぐっと涙を堪えた。









淳「あ、もうこんな時間や!!きぃつけるんやで!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

詩花
詩花
占ツク作者。 Twitter→ @uratuku_uta
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る