プリ小説
一覧へ

第2話

話題の動画
UMA専門家
いやあ、これは大発見ですよ!!!
まさか日本に生息してるとは…私も何10年も研究してきましたが、これほどまで___。
あなた

ふぅん、UMAかあ…

どこのチャンネルでも朝からこの話題で持ち切りだ。
テレビや新聞には
《未確認生物?!UMA?!謎の生命体発見》
と、大きく書かれている。

事は昨日。SNSで瞬く間に何10万RTされたある動画がきっかけだった。

その動画とは、男子高校生何人かが進入禁止の森に入った動画だ。撮影者やその友達がふざけてゴミを捨てたり、木を折ったりと酷い動画だった。しかし、その動画に変なものが映っていると誰かが言ったことから話題になった。変なものとは、撮影者が森をぐるりと映した時に''それ''は映った。


目が黒目しか無く、頭には髪も生えていない、緑の生物。


森と同化しているため分かりずらかったが、どう見えも人間でも普通の動物でもない''それ''。
ある人は見間違いだと言い、ある人は未確認生物やUMAと言っていた。
UMA専門家
これはUMAに違いありません!私が言うのだから絶対です!!
UMA専門家(?)がカメラに向かって指を指し叫ぶ。
お前が言ったからって絶対とは限らないだろ。そんなことを思いながら、テレビを消して鞄を持ち玄関のドアを開けた。

誰もいない部屋に「いってきます」と小さく声をかける。静かな部屋に小さな声が響き、消えていった。
_________________

琉月
琉月
あ!あなた遅いぞ!10分遅刻だからな!
あなた

ごめんごめん、ちょっとテレビに夢中だった。

琉月がぶんぶんと手を振り回し、頬をふくらませる。

怒り方がまるで小学生だ。(これを本人に言ったら締められる)
琉月
琉月
あー、あの未確認生物ってやつねー。
あなた

お、琉月も興味あんのか?

琉月
琉月
は?私が興味あるのはゲームとアニメとゆーたんだけよ。ただ話題になってるから知ってるだけ。
当たり前でしょ?と言わんばかりの顔を向けてきて少しイラッとくる。

他のことには全く興味の無い琉月が知るほどだ。きっと学校ではその話題で溢れかえっているだろう。そんな予想をしながら、ふと琉月の方を見る。
琉月
琉月
〜〜♪
鼻歌を隣で歌いながら歩いている姿を見ると、やはり可愛いと思ってしまう。

歌っている曲名は、「恋してLOVEモーション」※勿論アイフィフ

分かってしまう自分が怖くなった。
_________________
-教室-

教室につくと、やはり未確認生物の話題ばかりだった。皆スマホを見てその話ばかりしている。
俺はその話題の輪を避けていつものように窓際の席に座っていると、
春樹
春樹
あなたあなたあなた!!!!!
あれ見たか?!ウーマだよウーマ!
来る事は予想していたが、まさか猛ダッシュで突進してくるとは思っていなかった。
しかし、今日うるさいのはこいつだけでは無い。
優翔
優翔
春樹!!ウーマじゃない、UMAだ!!
ほらな?やっぱり居たんだ!俺の考えに間違いはなかったんだ!!!
ははははははっといつもクールな優翔が笑いだす。それに釣られて、春樹も笑う。朝からうるさいのがもう一人増えた…。
もう無視をしようと思い、寝る体勢となり机に突っ伏す。
優翔
優翔
つか、あなたは興味無いのか?
あなた

ねーよ。別に。どうせ見間違いか何かだろ…。

優翔
優翔
はっ、あなたは夢も彼女も希望も無いな。
あなた

彼女は余計だろ?!

何故寝かせてくれないんだ…。
思わず突っ込んでしまう俺も俺だが。

未確認生物やUMAなど信じていない俺には、到底どうでもいい話題だった。本当だろうが、嘘だろうが何も関係はないし、興味も湧かなかった。

そんな時、春樹が呟いた
春樹
春樹
俺、未確認生物見てみたい。
あなた

……は?

いきなりすぎだし、アホすぎて目をぱちくりさせることしか出来なかった。
あなた

お前何言って__

優翔
優翔
よし、探しに行こう。
あなた

はああああ??!!

いつもは冷静で意味不明な事を考えないこいつも、未確認生物とかになるとやはり春樹と同じ脳みそになる。
あなた

探すって言ってもどこ行くんだよ?!しかも、あそこ進入禁止だぞ?!

優翔
優翔
そらなら簡単なことだ。進入禁止の森っていうのは、すぐ近くだ。問題無い。
春樹
春樹
バレなきゃ大丈夫だって〜
もう場所を見つけているあたり本気(マジ)なんだと思った。というか、特定早すぎかよ((
時々優翔は何かのハッカーなんじゃないかと疑う時があるが、まさにこの時だ。
春樹
春樹
よっし!じゃあ、今日の8時に優翔の家集合な!!
あなた

え、いや、まだ行くとは言ってn((

優翔
優翔
よし、じゃあ色んなもの準備しとくな。
春樹
春樹
楽しみだーーっ!!
あなた

お前ら、無視すんなあああ!!





という訳で、未確認生物探しに行きます。













おまけ☆


UMA専門家
これはUMAに違いありません!私が言うのだから絶対です!!
琉月
琉月
ほぉ…。





ゆーたんグッズをあなたに見せて


琉月
琉月
これは私の夫に違いありません!!私が言うのだから絶対です!!
あなた

はいはい、学校行くぞー。









〜後書き〜
こんにちわ。眠子です。
書くのが楽しくなってしまい、もう書きました笑
今回も琉月の出番が少なくてすみません🙇🏻‍♀️次は琉月ちゃん大活躍しますので(?)また読んでいただけると嬉しいです!
最後まで読んで頂き有難う御座いました。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

眠子。
眠子。
常に眠い眠子(ねむこ)です。 更新は気が向いたらです。 コメントお気に入りいいね有難う御座いまふ🙇🏻‍♀️ ※作者が飽きたら終わる可能性大