無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

いきなりの出会い*
今日は学校も早く終わって
少しルンルンな気分で帰っていた。


特に用事もないので、近くのカフェに入った。

店員さんに案内されてすこし奥の席についた

奥の席は落ち着けるしなんか心地が良くてこれもまたラッキーだなって思った


席につき
メニューを見ていちごパフェを頼んだ。

少し暇になるのでイヤホンを取り出し

耳につけて時間をつぶしていた

何分か聞いていると

急に片方のイヤホンが外れた

『…!?』

外れたというよりは外されたというのが正しいだろう


?「なにきーてんの?」

この人はなんだろうか

いきなり人の聞いてるものをとって
デリカシーが無さすぎというか

まぁいいけどね。

何を聞いてるかって?それは…


『…TRIGGERの曲』

そう。私の好きなTRIGGERだ。