無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

授業終わり。
18
2017/10/10 11:42
はああ…やっと終わった…
私は、ふぅ…とため息をついて机に突っ伏した。
あの先生嫌いだわ…
とぶつぶつ思いながらみんなの声を聞いている。

「やば!今日発売だって!」
「まじか!帰り一緒に買いに行こ!」

みんなのざわざわした声が聞こえる。
結構こういうのもいいものだ。
するといきなり、

「あなた!雄平君!」

と、クラスメイトの声がした。
なに?!雄平だと?!
私は、その人の名前を聞いた瞬間ガバッ!!と体を起こした。
するとそこには、私の大好きな彼氏、雄平がいた。

「ゆうへーい!!!」
「あぁ、あなた…って!!おい!!」

私は、勢いのあまり雄平に走っていき突進して抱きついてしまった。

「った…おい!あなた!」
「会いたかったよおお」
「暑いわ離れろ!」

ぐいっと無理やり引き剥がされてしまった。そのせいで、次の授業が始まるまで雄平に説教をされてしまった。