無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

帰り道。
14
2017/10/10 11:54
「…なぁ。あなたって前世とか気にならないか?」
「え?」

いきなり雄平に訳の分からない話をされてとてもまぬけな声が出てしまった。
前世…?
学校が終わってみんなザワザワしている中、2人はシーンと黙っていた。
帰り道だったのでいろんな声が聞こえてくる。

「んー、あまり気にならないかな。」

考えた結果それを伝えると雄平は、

「ふーん、やっぱそうだよな。」

と、あっけなく言われてしまった。そしてすぐに話題を切り替えてしまった。
な、なんだったんだ。今のは。
もやもやのまま、雄平のいろんな話を聞いて相づちを打つ。
ほんっと気になりすぎて夢に出てくるわ。
結局ズルズル引きずったまま、雄平とバイバイをしてしまった。