無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

病院
[それから3日後、マネージャーだけ診察室に呼ばれた。戻ってきたマネージャーの顔はどこか悲しそうだった。]



マネ︰お前達、よく聞け。

あなた︰はい………………………………

マネ︰永瀬なんだが、………………………………

海︰廉………………………………?

マネ︰肺炎だそうだ、

海︰肺炎!?大丈夫なの!!??

マネ︰初期段階だから、大丈夫だって、来週には退院できるってさ、

あなた︰よかったぁ!

紫︰はぁ、よかったぁ!!

マネ︰永瀬のとこ行くか、

あなた︰うん!!










コンコンッ





廉︰はーい





ガチャッ





あなた︰廉ー!久しぶりっ!!!!

廉︰久しぶり、あなた!

あなた︰もう、一生目覚めないと思ったから、ほんとよかった!

廉︰そんなことないよ、ゲホッゴホッゴホッ

あなた︰無理せんといてな?

廉︰ごめん、寝るわ、

あなた︰うん、また明日くるね、

マネ︰はやく元気になれよ!

廉︰はい、すいません、迷惑かけて

紫︰俺明日退院だからな!お先ー!

廉︰先こされたぁ、笑笑

海︰廉!待ってるからね?

廉︰おう!海人、ありがとな!

あなた︰ばいばい!

紫︰じゃあな





ガチャッ





[それから、2週間後、廉が退院した。]





つづく