無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

♯11.先輩の愛情表現 美風藍 その1
126
2017/10/13 12:30
何とか、間に合わせたマフラーのプレゼントを一人一人に手渡す美桜。
結城美桜
(ラストは、美風さんか……部屋に居るかな?)
美風藍
美風藍
何をしているの?
結城美桜
きゃっ‼
美風藍
美風藍
心外。
不機嫌な顔を浮かべる藍。
結城美桜
す、すみません😣💦⤵
美風藍
美風藍
で⁉僕に何か用?
藍に言われて、手に持ったマフラーが入った包みを手渡す美桜。
美風藍
美風藍
なるほど。クリスマスプレゼント…
寿嶺二
寿嶺二
だ~か~ら、今度の……
嶺二の話し声が聞こえた瞬間、藍は自室に美桜を連れ込む形になる。
結城美桜
美風さん…/////
藍は、美桜の口を咄嗟に塞ぐ。
結城美桜
みひゃ…
美風藍
美風藍
シッ‼静かにしてて‼⬅小声
嶺二の話し声が聞こえないくらいになる。
美風藍
美風藍
行ったみたいだね……
結城美桜
ん…‼/////
藍が当てた手を軽く叩く美桜。
美風藍
美風藍
あ…ごめん。大丈夫?
酸素を取り込みながら頷く。