無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

♯12.先輩の愛情表現 カミュ その2
76
2017/10/19 07:58
表に出てから街に入ると、周りはクリスマス一色にライトアップされていた。
結城美桜
(恋人かぁ…)
カミュ
カミュ
いつにも増して、カップルが殆どだな。
結城美桜
そうですね…
路上販売員
そこの、お似合いの美男美女のカップルさん‼
結城美桜
えっ‼
カミュ
カミュ
……
路上販売員
クリスマスプレゼントはいかがですか?
綺麗に装飾されたアクセサリーが並べられていた。
結城美桜
綺麗…
カミュ
カミュ
(値段に関係なく、こやつはこんなに笑みを浮かべるのか……)
路上販売員
今なら、割引させてもらっているの。但し、真ん中の所に見事当てれば割引させてもらうわ。どうかしら?
カミュ
カミュ
真ん中の所に当てれば良いのか?
(シュッ‼)
路上販売員
お見事‼約束通り、割引させてもらうわ。
カミュ
カミュ
選ぶが良い。
結城美桜
良いんですか?
カミュ
カミュ
欲しそうな顔していて、良いも何もないであろう。さっさと選べ。
更に美桜が迷っていると…
カミュ
カミュ
この雪の結晶を‼
結城美桜
えっ‼カミュさん⁉
路上販売員
はい。どうぞ。
代金を支払うカミュは、袋から雪の結晶を型どったネックレスを美桜に付ける。
カミュ
カミュ
勘違いするなよ。マフラーのお返しだ。行くぞ‼///
ギュッと握られた手に驚く美桜。お礼を言うタイミングがつかめず、1日が過ぎていった……