無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

─プロローグ─
──サクside──
サク
なぁ、6年後も、
絶対俺がそばにいるから
あなた

ほんとに??笑
約束だからね

あの日あなたと交わした約束。

俺はずっと

忘れてなんかいないよ

でもあなたはもう

隣にいない