無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

余命宣告
─あなたside─
あなた☞中1
あなた

う……ぅ お母さん…

お母さん
あなた?
また痛いの?
あなた

い、たい…

お母さん
今救急車よぶから、
もう少し我慢しててね
またこれだ。

生まれつき心臓が弱くて

すぐ発作がおきてしまう。

───
あなた

ん…病院?

そっか、発作おこしたんだった…
お母さん
あなた… 。
落ち着いて、よく聞いて。
あなた

……なに…?

お母さん
あなたの心臓、
前より弱ってて…
今にも涙が溢れそうなお母さんの目。

なに…? なにがあるの…?
お母さん
余命、 5年、だって。