無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話
23
2017/10/29 01:19
パフェ屋さんにむかいちゅうー。
あなた

それでね、それでね・・・。

すず
すず
あなた!危ない‼
車が—・・・
ピ—————

激しい車のクラクションが鳴る

目の前がどんどん真っ暗。
私は死ぬのだろうか。そんなことを考えながら私は意識を失っていった。
秋(案内役)
秋(案内役)
ようこそ!
天国へ(*^_^*)
あなたは期間限定で天国でいられることになりました!
おめでとうございます。
あなた

えっ!!!

何が起きているかがさっぱりわからなかった
自分の心情
さっきまですーちゃんが近くにいたはずなのにいないし、天国って??
私、死んだの?
自分の心情
しかも、期間限定?
何それ?なんか、食べ物みたいじゃん。
秋(案内役)
秋(案内役)
まあまあ、落ち着いて。
これから私が案内役になりますのでご安心を。
あなた

いや、知らない人にご安心をとか言われても安心できるかい‼

私は心がバクバクいっていた。
これから起こることがとても不安だった