プリ小説

第32話

ほんとに?! side.S

あなたちゃんが生徒会室まで来てくれて。



やっぱりダメだったのかなって思ってたら、


「私、生徒会入ります!」


って言ってくれて

思わず


『え?!』


って言っちゃったよね(笑)




.







.




トントン



桜田あなたですけど





え!!

ウソだろ!!


はやく開けないと!!






『ごめん!出るの遅くなっちゃって!』



ドン




勢いよく扉を開けてしまって、思いっきり壁に扉をぶつけてしまい、あなたちゃんを驚かせてしまった。



「わっ。うふふふ。大丈夫ですよ。」




こんな可愛い顔するんだ。



こんな笑顔はじめて見たかもしれない。



思わず見惚れてしまった。



「///// 櫻井先輩? どうしたんですか?」





『ううん!ごめんね!どうぞ。』




「失礼します。」





.








.





『今日はどうしてここに来てくれたの?』



「あの・・・。」




『うん。ゆっくりで大丈夫だよ。時間はたっぷりあるから(笑)』



「私…… 生徒会に入りたいんです。」




『うん。そうなんだ。』




『 って、え?!!!』





「…… やっぱりダメですよね。ごめんなさい。忘れてください。失礼します!!」



出ていこうとしているあなたちゃんを急いでひきとめた。



『いやいや!!ごめん!!待って待って!!ダメなわけない!!』




「え??」





『いや、ね? 正直、ダメだったのかなって思ってたの。けど、入ってくれるって言ってくれて、嬉しくて。ごめんね。勘違いさせて。』




ふるふる首を振って、どうして?って顔をしてるあなたちゃん。




『最初見た時から、この子に入ってもらいたいな?って思ってたんだよね。』




「そうなんですか?」




『うん。この子ならしっかりこなしてくれるだろうなって思ったの。』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Aiba🍬
Aiba🍬
⚠︎注意⚠︎ お気に入り、いいね、hit数を励みにやっております。 需要が無いと感じた場合更新を停止する場合があります。 ⚠️現在コメント受け付けておりません。 皆さんどうも。 Aiba🍬と申します。 某気象系グループの小説を書いております。 不定期更新となっております。 ※いいね、お気に入り、観覧数を励みにやっておりますので、いいねやお気に入り、観覧数が伸びない場合予告無く終了したり更新をストップする場合があります。 ↓ 更新毎にお話の長さは異なってきます。 長かったり短かったり…… 色々あると思いますが楽しんでいただけるといいなと思って書いております。 あくまでお話はAiba🍬の妄想です。 うまく書けていなかったり、誤字があるかと思いますが注意して書きますのでご了承ください。 誤字脱字等ありましたらお声がけ下さい。 よろしくお願いします。