無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

クラス発表 2

美麗 『仲良くしてくれないと困るもんー笑 でもホントによかったよあなたと同じで。ホント安心した(笑)』



あなた 「私も美麗と一緒でよかった!!高校生活楽しみだわー笑」



きゃーーーーーー



あなた 「えっ??!なにごと??なにこの黄色い歓声。どこぞのアイドルが来たの?笑笑」



美麗 『ねぇ!!見て見て見て!』



あなた 「え?どこどこ??」



美麗 『ほらあそこ!!!』



あなた 「ああ、あの5人?」



美麗 『そうそう!!きゃーー!!カッコイイ!!こっち見た!!あー!!やばい!!目合ったよ!!!ねぇ!!ちょっと?!!聞いてるあなた??』



あなた 「うんうん聞いてるよ笑 ああ、確かにカッコイイね笑」



美麗 『え!!!嘘!!こっち来たよあなた!!』



あなた 「え?どうして??」



? 『ねぇねぇ君!』



あなた 「え?私?」



? 『うん、キミ。』



あなた 「なっ、なんでしょうか。」




? 『そんなビビらなくても(笑) 俺は櫻井翔。生徒会で副会長してるんだけど、キミ生徒会入らない?』




あなた 「はい。って、ええええええええええええええーー!???! わわっわたしですか!??!」



櫻 『そんなに驚かなくても(笑)』




あなた 「いやいや!驚きますって!!」