無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

生徒会へのお誘い

櫻 『ははっ笑 面白いねキミ笑 気に入った!笑笑
今日の放課後生徒会室で待ってるから来てね。そこでどうするか教えてくれればいいよ。 それじゃ!』




あなた 「え!!?? 櫻井さん?!!待ってください!! ああ、行っちゃった。」



美麗 『ちょっとあなた!!!すごいじゃん!!!!櫻井先輩めちゃくちゃかっこよかったね!!! しかもあなた気に入られたでしょ!!
で?どうすんの?生徒会入るの?』



あなた 「うーん。正直迷ってる。生徒会ってどんな感じなんだろう。入った事とかないしなぁ。どうしよう。美麗はどうするべきだと思う?」



美麗 『私はいい機会だからやってみたらいいと思うよ。だってこんな機会ないじゃない?
だけど私も生徒会とか入った事ないから、その内容までは分からないし、どんな感じなのか分からないから無責任な事は言えないけど(苦笑)
体験みたいなものを出来たらいいのにね。』