プリ小説

第10話

放課後。2




あなた 「あ!いた!!
ねぇねぇ!!!二宮くん!!」



二宮 『ん?どうしたあなた?』



あなた 「えっ??!!」(呼び捨て!!??)
「あ、えっと二宮くん生徒会室の場所分かる?」



二宮 『そりゃあ分かりますよ(笑)
で、何でそんなに驚いてんのよあなた(笑)』




あなた 「そ、そりゃあ驚くでしょ!!
急に呼び捨てされたら!!!」



二宮 『そんな驚かなくていいでしょ!(笑)
だって呼び捨てした方が距離が縮まった感じがしない?
だからあなたも俺のこと呼び捨てしてよ』



あなた「 ……? 二宮?」


二宮 『いやいや!!二宮って(笑)
カズって呼んでよ』



あなた 「カ、ズ?」



二宮 『なんでカタコトになってんの(笑)』


あなた「 いや、だってーー」


二宮 『はい、カズって呼んでね〜
んで、あなた生徒会室の場所知りたかったんじゃないの?』


あなた「 あ!そうだよ!!
知りたいの!
わからないから!!」


二宮 『じゃあ俺と一緒に行こっか!』



(手を引いて)




あなた 「えっ、ちょっと!
二宮くん!!?」


二宮 『……』



あなた「 二宮くん?!!!!」



二宮 『……』


あなた「 なんで無視するの???!!」



二宮 『だってあなたがカズって呼んでくれないんだもん』




あなた 「え?!!
カ、、、カズ!!
手、、手!!!!!!
どうして繋いでるの??!!!!」



二宮 『え?どうしてって繋ぎたかったから?
あ、それより着いたよ
ここが生徒会室』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Aiba🍬
Aiba🍬
⚠︎注意⚠︎ お気に入り、いいね、hit数を励みにやっております。 需要が無いと感じた場合更新を停止する場合があります。 ⚠️現在コメント受け付けておりません。 皆さんどうも。 Aiba🍬と申します。 某気象系グループの小説を書いております。 不定期更新となっております。 ※いいね、お気に入り、観覧数を励みにやっておりますので、いいねやお気に入り、観覧数が伸びない場合予告無く終了したり更新をストップする場合があります。 ↓ 更新毎にお話の長さは異なってきます。 長かったり短かったり…… 色々あると思いますが楽しんでいただけるといいなと思って書いております。 あくまでお話はAiba🍬の妄想です。 うまく書けていなかったり、誤字があるかと思いますが注意して書きますのでご了承ください。 誤字脱字等ありましたらお声がけ下さい。 よろしくお願いします。