プリ小説

第14話

来てきくれたんだね!!

ガチャ (扉を開ける)



和也 『翔さんー??』



翔 『おおーニノ!!あなたちゃんも!!来てくれたんだ!』



あなた 「こんにちは。櫻井さん。来ましたよ(笑)」



翔 『ありがとね来てくれて。よかった。』



あなた 「いやいや!!そんな!笑」



翔 『正直来てくれないかと思ってた(笑)生徒会入らない?って言われて入ろうと思ってくれる子とかそんなにいないよね笑笑』



あなた 「そうですよね……」





翔 『いやいや!!!ごめんね?!!そういう事じゃなくて!!!!前向きに考えてくれてるんだなーって思って嬉しいなーってことが言いたかった!!!!!』




あなた 「そうなんですね!ならよかったです笑」




和也 『くふふふ』




翔 『いや、俺もよかったわ(笑)
で?ニノ?なんで笑ってるのかなー?』




和也 『いやー、翔さんが焦ってるところ面白いなーって笑笑笑』




あなた 「笑笑笑」




翔 『ちょっと??!あなたちゃんまで笑ってるのーー?!!』




あなた 「いや、だってー笑 カズが笑ってるから笑」




和也 『いやいや、人のせいにしちゃダメよ?笑』




翔 『ねぇ?あなたちゃん?俺のことは翔って呼んでくれない??』




あなた 「いやいや!!ムリですよ!!!呼び捨てなんて!!!!」




翔 『えーーー?ニノのことはカズって呼んでるのにー?』



あなた 「そ、そ、それは!!!」




和也 『ほらほら翔さん。あなたのこといじめないであげてよ。』



翔 『べ、別にいじめてないしー』



和也 『えーー?ホントにぃ?』



翔 『ほんとだよ!いじめてないよ!てかなんでニノがそんなこと言うの?』



和也 『だってあなたが可哀想なんだもーん』



翔 『可哀想ってなんだよ!俺が悪いのかよ?!』



和也 『そーだよ!翔さんが悪いの!』



翔 『えー、俺かよ。てかさ?なんでニノあなたって呼んでるの?』


和也 『あなたが呼んでいいって言ってくれたからでしょ』



翔 『俺もあなたって呼びたいし、翔って呼んでもらいたい〜』



あなた 「あ、あのー?」



翔、和也 『あ、あなた』



この感じだと完全に忘れられてたな


完全にふたりの世界に入ってたもんね


翔 『ごめんね?あなたちゃん?』



あなた 「いやいや!大丈夫ですよ!私帰りますね?」



翔、和也 『え?!!!帰っちゃダメ!!』

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Aiba🍬
Aiba🍬
⚠︎注意⚠︎ お気に入り、いいね、hit数を励みにやっております。 需要が無いと感じた場合更新を停止する場合があります。 ⚠️現在コメント受け付けておりません。 皆さんどうも。 Aiba🍬と申します。 某気象系グループの小説を書いております。 不定期更新となっております。 ※いいね、お気に入り、観覧数を励みにやっておりますので、いいねやお気に入り、観覧数が伸びない場合予告無く終了したり更新をストップする場合があります。 ↓ 更新毎にお話の長さは異なってきます。 長かったり短かったり…… 色々あると思いますが楽しんでいただけるといいなと思って書いております。 あくまでお話はAiba🍬の妄想です。 うまく書けていなかったり、誤字があるかと思いますが注意して書きますのでご了承ください。 誤字脱字等ありましたらお声がけ下さい。 よろしくお願いします。